2012年4月 ハワイ島ヒロへ

 

2012年4月10日~17日、ハワイ島ヒロ滞在の記録です。

まりあ先生、ヒロミ先生、長島先生、私たちスタジオ生3名は、メリーモナーク観戦の旅に行ってきました。

スタジオ生:松田千枝子・折田桂子・三輪香奈子

4月10日火曜日 カニレフアに迎えられ、ハワイ島到着

アンクルビリーズベイホテル

ハワイ島の澄んだ空気とカニレフアが私たちを迎えてくれました。

宿はアンクルビリーズヒロベイホテル、穏やかで落ち着いた、温かみのあるホテルでした。

夜、マイレ先生のお宅にお邪魔しました。お庭にはたくさんの植物、「クッピッピッ」と鳴くカエルの声、自然の中での暮らしはとてもうらやましく思いました。

4月11日水曜日・昼 メリーモナークのクラフトショップへ

ホテルのエントランスにはハイビスカスが飾られています。ハイビスカスを髪に飾り、クラフトショップに出かけました。クラフトショップではたくさんのレイ、ラウハラハット、楽器、アクセサリーなどが並んでいました。そこにしかないもの、貴重な手作りの作品がたくさんあり、ショップというよりアーティストたちの展覧会のようでした。

4月11日水曜日・夕 メリーモナーク前夜祭へ

ずっと行きたかったあの場所、メリーモナークの会場。pukaniの音が鳴り、aliiの入場で前夜祭が始まりました。
ハラウ・オ・ケクヒのカヒコは、ほとんど観ることができないのでとても貴重です。鳥肌と涙と自分の心臓の鼓動とパフの音・・・感動でした。
客席からの飛び入り参加コーナーでは、地元の人が年に一度のメリーモナークを本当に楽しみにしているようすが伝わります。
日本のハラウやタヒチアンも印象に残りました。

4月12日木曜日・ 昼 マイレ先生のワークショップへ

マイレ先生のワークショップ

マイレ先生、チームバンクーバーの方々とペレゆかりの地を訪れました。プナ地区、所有者の方に案内していただき、いくつもの鍵のかかったゲートを通り、ビーチに到着しました。オリをして、ペレの話を聴き、海から水が湧いているところを見ました。

午後からマイレ先生のワークショップを受けました。マイレ先生の色っぽいフラに盛り上がりました!その後、ティーリーフで蚊を払いながら山の中へとすすみ、ノニ、ハラ、オヒヤアイ、アアなどを見せていただきました。

4月12日木曜日・ 夕 ミス アロハフラ へ!

今日のメリーモナークはミス フラ!

とても美しく、お花も衣装も個性的で素敵でした。

曲に合わせてイメージし、

自分を最大限に表現しながら心と体で歌を伝え、

感情を素直にとどける姿に、感動しました。

 

また、私たちの席はダンサーの出入口の近くだったので、出番を待つ表情や、髪型、お花もよく見えました。特にココはとても勉強になりました。

4月13日金曜日

午前中からボルケーノに行きました

キラウエア火山ボルケーノ、煙が吹いている風景を見て、あらためて活火山なんだなと実感しました。

ジョージ・ナオペ先生にお祈りし、感謝の気持ちを込めてマイレを捧げました。

レフア、レフアの赤ちゃんリコも見ることができました。その後、博物館ではアアというごつごつした溶岩、パーホエホエという光った溶岩、ペレの毛、ペレの涙(鉱物)を見ました。 

レフアでレイメイキング 

マイレ先生レフアのレイメイキング

マイレ先生のお庭のお花でレイメイキング。あこがれのレフアを使ってココを作りました。初めて触るレフアのお花に感激でした。

「この場でパッとイメージして作ったの」と、私たちの隣でまりあ先生が作られたココがとても素敵でした。

ヒロミ先生のフラレッスン

ひろみ先生のワークショップ

レフアの木の下で「Ka Lehua I Milia」。

自然の中でフラ、これほど贅沢な体験はありません。

ヒロミ先生、ありがとうございました。

メリーモナーク カヒコへ

今日はカヒコです。ダンサー達の熱気と迫力はすごかったです。舞台から伝わるステップをふむ音、パフの音、クムの声は力強く一体感があり、大きな大きな輪となり会場を包んでいました。間近でみるカネのたくましさ、人気にはとても驚きました。

4月14日土曜日 少し早起きして

朝からココナッツアイランドに行きました。ここは、『ヒロフラ』の3番に出てくるモクオラです。ココナッツアイランドはハワイ語でモクオラ(命の島)と呼ばれているそうで、とても眺めがよく海がきれいでした。

朝食後、長島先生オススメのアイスを食べました。とてもおいしかったです!

午後にはダウンタウンの市場で買い物をしました。この日の夕食は、まりあ先生、ヒロミ先生との最後のお食事会だったのでその食材探しです。

メリーモナーク アウアナへ

いよいよメリーモナーク最終日、アウアナです。日中、運よくパレードも見ることができました。

場内は・・・前日のカヒコとは一転、華やか!口角の上がった、やさしく、自信に満ち溢れた表情がとても印象的で、あんな笑顔の美しいフラダンサーになりたいと心から思いました。緊張感の中、ずっと笑顔でいるダンサー達、美しい姿でした。ソロも素晴らしかったのですが、ハラウがひとつになって踊るアウアナは大変勉強になりました。

4月15日日曜日 ワイピオ、ヒイラベ、アカカへ 

ハワイアンの聖地、ワイピオ渓谷、スケールの大きさに感動でした。マナがたくさん宿るワイピオ渓谷は、不思議な静けさと凛とした空気が流れていました。

高く長い滝、アカカ、素晴らしい眺めでした。植物に宿る神を感じながら森林の中を歩くと、川のせせらぎ、風にゆれる木々、鳥のさえずりに心の奥から癒され、『アカカ フォールズ』のうたが聞こえてくるようでした。

南国のモンステラの大きさにびっくり!テックスドライブインで食べたマラサダのモチモチ&フワフワなおいしさも忘れません。

4月16日月曜日 ハワイ島を後にして

ホノルル空港で飛び入りフラ

いよいよ帰国です。日本に向けてヒロを発ち、ホノルル空港到着。

空港でフラ・ショーをみていたら、踊らせていただけることになり、ヒロフラとカイマナヒラを踊りました。  

まりあ先生、ヒロミ先生、長島先生と過ごしたハワイ島での貴重な体験の数々、本当に夢のようでした。これからも深く深くフラを学んでいきたいと思います。

このような機会をいただけたことに心から感謝いたします。ありがとうございました。

フラ ハラウ オ ポリアフ 松田・折田・三輪

先頭に戻る