耐久性をアップさせる窒化チタンは色々な場面で使われている

チタンは金属の大敵であるサビに対し強い耐性を発揮する

自転車のチェーン

金属材料を使用する際に考えなくてはいけないのがサビの問題です。空気中の酸素と結びついて発生するサビは金属材料と切っても切れない問題です。特にサビやすい鉄を使用する場合はサビ止め処理をしたり合金化してサビに対する耐性を高めた鉄鋼を使ったりと十分に対策しないと時間の経過とともに錆びによる劣化でぼろぼろになる恐れがあります。
非鉄金属は比較的サビに強いものが多いのですがそんな非鉄金属の中でもサビに対する強さで広く普及している金属材料が「チタン」です。チタンのサビにくさは鉄とは比べ物になりません。鉄ならあっという間にサビてボロボロに成ってしまうような強い塩分や水分のある環境でもチタンはものともしません。その優れた安定性をいかし船底や橋脚など海水が触れやすい場所の部品にはチタンが多く用いられています。
普段の生活の中でもチタンを見かける機会は増えています。最近は腕時計にチタンがよく使われています。汗に含まれる水分や塩分は金属の大敵です。サビに強いステンレスの腕時計でも毎日長時間つけているとサビが発生してしまいますが、チタン製の腕時計ならいつまでもサビることがありません。金属アレルギーの方でも安心して使えるとチタン製の腕時計が評判を集めています。

TOP