耐久性をアップさせる窒化チタンは色々な場面で使われている

チタンは自転車のフレームにも使われている金属

3種のサイズのスプーン

鉄やアルミニウムやステンレスと言えば、生活の様々な用品に使用されている馴染み深い金属です。それぞれの金属には特性があり、その特徴に合った使われ方がされています。ステンレスはサビ難い特性があるので、水回りの用品の金属材料として広く利用されています。アルミニウムもサビ難い特性がありますが、低価格で利用できる金属材料としてキッチン用品などに広く使われています。
逆に同じ金属でも、高級タイプのものもあります。そのひとつにチタンがあり、身近なものでは自転車のフレームにも利用されています。一般的な自転車はチタンではなく、価格が抑えられる金属材料が使われていますが、スポーツタイプの自転車にはチタンフレームのものが揃っています。超軽量で強度に優れており、さらにサビにも強いという三拍子そろったチタンは、自転車のフレームの最強レベルです。
スポーツタイプの自転車を求める方は、スピード性やクッション性などを追求してチタン製の自転車を選んでいます。自転車のボディが軽ければ、スピードが出しやすいでしょう。さらにチタンはしなやかな特性もあり、振動吸収力にも優れています。チタンボディの自転車は、走行性にも耐久性にも優れている乗り物と言えるでしょう。

TOP